WordPressとQiitaやVS CodeのMarkdownの違い

私はMarkdownを知ってから文章を書く気になりました。そのくらいMarkdownは便利です。
WordPressでMarkdownを使うようにするために、Jetpackを入れました。

Jetpackの設定でMarkdownを有効にします。
私はJetpackのダッシュボードで、WordPress.comの投稿画面に行きハマってました。

私は主にQiitaやVS CodeやatomでMarkdownを書いているのですが、違いを少しだけまとめます。

まずは改行!
どのサイトも見出しから始まるのですが、私が感じた最も大きな違いは改行でした。
WordPressはブラウザのエディタの見た目通りに改行されます。
VSCodeは半角スペースを4つ入れないと改行されませんでした。Qiitaは忘れてしまいました。
どちらが正しいのかはわかりませんが、WordPressの方が自然でした。

次に「見出し」これは同じでした。
見出しは#の数で設定します。


見出し1

見出し2

見出し3

見出し4


次に「箇条書き」少し違います。
箇条書きのインデントもエディタの見た目通りですが、エディタでは形を変えているのに、テーマのせいか点の形が変わりません。
この辺はQiitaとかVS CodeのMarkdownとは違う感じです。。


  • 箇条書き1
    • 箇条書き1−2
      • 箇条書き1-3
  • 箇条書き

数字の箇条書きは大体同じです。


  1. 数字型の箇条書き1
  2. 数字型の箇条書き2
  3. 数字型の箇条書き3

次は罫線。ですが、私はあまり使わないのでわかりません。


次は引用文。これはよく使うのですが、引用が一番違う。”’じゃないのはでかい。普通に>だった。


引用してこのまま書き続ける?引用の終わりは?


空白の改行で終わりでした。

太字。これはQiitaと同じだと思う。


太字


これから使いたいと思っている、表組み


no 列1 列2 列3
1 値1-1 値1-2 値1-3
2 値2-1 値2-2 値2-3

結構簡単でした。

最後まで読んでいただいた方ありがとうございます。
atomからコピペして投稿する感じで検討してます。やっぱりテキストエディタがいいですよね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする