Mac版VSCodeのインストールとMarkdown

私は最近のドキュメント作成には、主にMarkdownを使っています。
とはいえ、大した機能は使っておらず、

  • 見出し
  • 箇条書き
  • テーブル(表)
  • 太字
  • リンクの作成

エディタとしてMarkdown機能に求めることも少なくて、

  • リアルタイムプレビュー
  • WindowsとMacで使えること
  • 軽いこと

そんな私がMac版VSCodeを試してみました。

なぜMacなのにVSCodeか?

仕事で、やむを得ずWindowsを使っている。
でも、Macの方が写真や音楽や動画管理が便利だし、何よりカッコいいから自宅ではMacを使っている。という方は多いと思います。

そのような方は、テキストエディタを探すときにMicrosoft社製は選択肢に入らないと思いました。

なぜなら、Windows(Microsoft)に不満があるからMacを使っている可能性が高く、Microsoftに不満がある人はMicrosoftのエディタを使わないでしょう。

でも、Windowsなど過去のMicrosoftの事は忘れてください。

VSCodeは、日本人にも優しいMicrosoftが作ったエディタです。

なぜWindowsでVSCodeか?

純粋にMarkdownを使いたかったからです。
今までは、sakuraエディタを使っていました。

しかし、sakuraエディタにはAtomにあるような斬新さやワクワク感がなく、プラグインを入れてもMarkdownが使えるのかどうか微妙だったからです。

Mac版のインストール

それではインストールに移ります。
簡単です。ダウンロードして、アプリケーションフォルダにコピーして終わりです。

ダウンロード

Macでこのサイトからダウンロードしてください。

Visual Studio Code

「Download for Mac」という緑のボタンを押すと押すと、VSCode-darwin-stable.zipがダウンロードされます。

zipファイルを解凍

VSCode-darwin-stable.zipを解凍してください。
私はThe Unarchiver.appを使いました。

アプリケーションフォルダにコピー

解凍に成功するとVisual Studio Code.appというファイルが出来上がります。
これをそのままダブルクリックしても良いのですが、Macなのでアプリケーションフォルダにコピペします。

実行できない場合の対処

起動できない場合は、Mac AppStore以外のアプリも起動できるように設定を変更してください。

Mac App Store以外からのアプリ実行許可

私がわざわざ書くよりも、こちらの記載の方が参考になります。

Mac – ダウンロードしたアプリケーションの実行許可

VSCodeがAtomより優れているところ

何よりデフォルトで日本語メニューということでした。確かにメニューくらい英語でも問題ないのですが、文章作成に集中したいので、やはり日本語メニューは助かります。

まとめ

VSCodeは、次のような方にオススメのエディタだと思います。
* 職場などてまWindowsをメインで使用している。
* 自宅ではMacを使っている。
* Markdownを使いたい。
* MacでもWindowsでも新しいエディタを使いたいが、ショートカットやプラグインなどの使いかっては統一したい。

ここまで読んでいただきありがとうございます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする